本日もこちらの商材の検証になります

勝率70%のトレードが実現出来るる?機関投資家インジケーター

h6公式サイトはこちら

関連記事

『みんなでFX』 古橋プロデュース 購入レビュー

daitecショートブレイクアウトを狙うパターンが高勝率かも!

1102gbp

 

上記は、みんなでFXの専用チャート「Rising Sun」を使って検証した結果です。

上手い具合に「逆張り」「順張り」のエントリーパターンが実現しています。

 

実際に獲得した利益はこちら▼

01022k

 

ここで注目したいのは、

高値圏からのショートポジションの利幅です。

 

同じショートポジションであっても、

高値圏と、安値圏ではボラが異なってくる(※勢いが弱まる)ので、

利益幅に大きく影響してきます。

 

もちろん、1時間足以上の足が「売り優勢」でることも大事ですが、

短期足で高値圏からのショートエントリーなのかによって

勝率が違ってくると言えます。

 

つまり、

ブレイクアウトなら、ロングなら、底値を狙い

ショートなら高値圏を狙う方が勝率が高い。

 

と私は日々のトレードから認識しています。

みんなでFXのエントリーパターンは、「逆張り」「順張り」の2パターンですが、

かえって初心者は混乱しやすいと思います。

 

なので上記のような認識を持っていれば、

トレード戦略がスムーズに行えると思います。

 

トレードの考え方はなるべくシンプルな方が取り組み易いので、

サインがこのように表示されたとしても、

まずは、ローソクの位置がチャートのどの辺りなのかを考慮すると良いと思います▼

【エントリーシグナル】

%e5%88%a9%e9%a3%9f%e3%81%84

 

また、サイン=エントリーではなく、

ローソク足のプライスアクション的な動きも視野に入れましょう。

 

販売ページには「サインに従うだけで勝率70%のトレードが実現」とありますが、

管理人が検証した限りでは決してそうとは断言できません。

なぜならば、それまでのトレード経験や

使用する業者によっても約定値が異なるからです。

 

特に海外の業者は「成り行き」だと、スプレッドが広いので、

プラスに転換するまで時間がかかる場合が有ります。

そのようなストレスを軽減する為にも、

「OCO注文」などを賢く利用すると良いと思います。

 

ちなみに、メタトレーダーの場合は、

「Sell ・Buy Stop」(逆指値注文)、「Sell・Buy Limit」(指値注文)

となります。

この場合は、指定のレートで約定する仕組みなので

成り行きで入るよりかは少しはマシになると思います。

 

ショートブレイクアウトで入る場合は

「Sell Stop」が適切な注文方法です。

 

状況似応じてこれらの注文方式を活用することで

チャートに貼り付くストレスが軽減されるのでおススメです(^^)

yubiみんなでFXの公式ページを見てみる